藻場再生に関しての知識

魚など、水の中で生きる生き物にとっての産卵場所や住処となる藻場の確保は、藻場再生として水産庁や様々な各企業、漁業関係者などによって取り組まれています。

近年では地球温暖化などの環境問題も深刻化されており、海面上昇は藻場喪失の直接的な原因とも考えられています。実践できる藻場再生の手立てとして、ウニをはじめとする食害被害に影響を及ぼす生物の駆除、食害動物の捕獲だけに留まらず、母藻の供給や栄養塩類の補給など、様々な作業項目が挙げられます。

また漁場の監視や漁業体験、広報活動を積極的に行うなど、間接的な作業による取り組みも見受けられます。

藻場再生から可能な事とは

各省庁や企業団体によって進められている事柄の中に、藻場再生が挙げられます。魚や貝、甲殻類などの水の中の生き物にとっての産卵場所や生育場所となる藻場は、地球温暖化をはじめとする環境破壊が原因となり、減少傾向にあります。

効果的な藻場再生の作業は、長い都市月が必要であり、長期的な計画によるモニタリングや実践作業が試されています。

藻場再生が正しく行われることにより、水中の生態系を整えることができるだけでなく、水質の浄化などの効果も表れるので、環境問題の対策にも繋がります。またサンゴ礁の回復も期待されている効果の一つです。

藻場再生から新たな事業へ

水産庁などの各省庁や様々な企業団体によって進められている取り組みの一つとして、藻場再生が挙げられます。

貝や魚、甲殻類などの生きる場所として言い表される藻場の存在は、地球温暖化や環境汚染などの問題が原因となり減少している傾向にあります。藻場再生させるには長期的な計画としての対策が必要となってくるのです。

水の中の生き物の生態系が整うだけに留まらず、赤潮や青潮の発生抑制にも繋がり、水質そのものの浄化も期待されています。また、近海での漁業捕獲量、さらに生活における排水の浄化システムにも藻場再生は大きく関連してしまいます。

藻場再生の仕組みについて

藻場を再生するための活動は藻場再生と呼ばれており、漁業などにも影響が及ぼされないよう、様々な対策が行われています。

年々、藻場が減少していく理由の一つとして挙げられるのが、地球温暖化による海水の温度上昇、さらに埋立地の開発などです。

海の森とも呼ばれる藻場は、近海での漁獲量だけでなく、生活排水における浄化システムの喪失、さらに二酸化炭素を吸収している自然や緑の減少など、大きな環境問題にも繋がります。

海草を食べ尽くす海栗を減らす対策や海草の種を撒いたりして藻場再生を目指すことで、自然環境をより良い状態へすることができます。

詳しく知りたい藻場再生

沿岸域に広がる海藻の群生は藻場と呼ばれており、地球温暖化などの環境問題や、埋め立て開発などによって年々、減少しています。水産庁などの団体や企業、漁業関係者などによって藻場再生に関する取り組みが行われており、生態環境が整うことによる魚類や甲殻類の産卵場所、隠れ場所、貝類の生息場の確保が目指されています。

また、水中の有機物が分解されて富栄養化が抑えられたり、光合成が活発になることで水中の酸素濃度の増加などにも繋がり、赤潮や青潮の発生を防いだりすることも可能となります。藻場再生の取り組みでは様々な問題を突き止め、一つ一つ対処したいものです。

藻場再生 のバイテクソイル

特に九州沿岸で広がっているという、磯焼けは海草類が激減するという深刻なものです。磯焼けは、日本全国で危惧されているもので、漁業関係者もその対策に取り組んでいます。対策方法は複数あり、藻場再生として、テトラポットを使うものや、バイテクソイルというものがあります。

バイテクソイルは山の間伐材を使って、植物性生育有効微生物を添加した腐葉土です。化学肥料ではできない、栄養素をつくることができて、丈夫な海草類の根をつくり、成長を促す画期的な藻場再生方法です。昆布やわかめなどの海草類は、食用としてだけではなく、海の生きものにとっても重要な存在なのです。

藻場再生プロジェクトに関する記事