サマリー

英語と同じく「要約」という意味で使われる言葉です。

検索結果のページでサイトタイトルの下に説明文が表示されますが、あれもサマリーです。

その他にはHTMLタグの<table>にサマリーをつけることもありますし、とにかく要約するものはサマリーと表現します。

検索結果に表示されるサマリーはメタタグのdescriptionが表示される場合が多いのですが、そこに検索したキーワードが含まれていない場合はページのコンテンツの中でそのキーワードが含まれている部分の前後の文章を表示させる場合もあります。

seoのシステムは進化している

グーグルのAIは日々急速な進化を遂げています。ユーザー満足度を最大化することが結果的にグーグルの利益を最大化することをグーグルは当然わかっているので、サイト作成者のブラックハットseoなどと日々戦っています。

最近ではそのようなseoを実施してもシステムにはじかれるだけということをみんなが認識してきているのでそもそもそのようなサイトを作成する人も減っていますが、それでもそれらへのアルゴリズムは外していないでしょう。 そして、コンテンツを最適に評価していくためのクローラーを効率的に巡回させていっています。

seo対策のためのコンテンツの使い方

seoは、”Search Engine Optimization” の略で検索エンジン最適化のことです。seoは、一昔前まで被リンクなどによって検索順位をあげるようなコンテンツ作りをする使い方がメインでしたが、近年ではグーグルのクローラーは質の良いコンテンツ記事を求めるようになりました。

そのため、被リンクを外部から手段を選ばずに獲得して貼り付けただけでは検索エンジン上位に表示されなくなりました。また、こういった悪質な被リンクを貼るとグーグルからペナルティーが与えられ検索エンジンに表示すらされなくなるので注意しましょう。

seoと検索結果を昇順に並べるアルゴリズム

seoの目的は検索結果で上位になることです。ですので、データベースの中からキーワードに合致するものを見つけ出し、それにスコアをつけて昇順に並べなおすアルゴリズムがどのようなものであるか、知る必要があります。

seoをするからには、どの検索エンジンでWebサイトを上位にしたいかはそこそこ定まっているかと思います。ですので、あとはseoの参考にするアルゴリズムでどういったものが評価されるかを調べるのです。

見出しタグにその検索キーワードが含まれているか、他のサイトからのリンクは多いか、など。これにしたがってWebサイトを構築することで、サイトを最適化することができます。

多すぎるアフィリエイトはseo対策を無効に

大量にある状況は危険とされていましたが、ついに対策に乗り出したgoogleは、余計なアフィリエイトを悪と判断することになりました。健全に運営されているサイトなら、そうした問題は起こりづらい傾向があるものの、大量に貼っているところは危険な状況になります。

検索から除外されることもあるため、あまり多く広告をつけることはよくありません。seo対策でも、できることなら少数にとどめたいですが、大量に貼って失敗する人がいます。今までの対策が向こうになるくらい、厳しい判断を受けることもあるので、あまり多くアフィリエイトは付けないでください。

今後のseo対策にはアフィリエイトの配置も重要

配置しているアフィリエイトの広告は、サイトによっては見づらい印象を与えますし、別のサイトに移動することによって問題になります。中には悪質な広告も含まれていますから、seo対策ではこのアフィリエイトの配置を考えてください。

普通のサイトに移動することがわかり、問題のないサイトとして登録されていれば、対策が行われて上位に掲載されることもあります。一方で対策が不十分だったり、移動するサイトが悪質な詐欺サイトの場合、検索から消えてしまうこともあります。配置する部分についても注意しながら、基本的に移動先のサイトの問題もしっかり解決することになります。

実績で選ぶseo会社

有限会社ティーケイティー
〒550-0002
大阪府大阪市西区江戸堀1-23-35
http://www.seo-foa.com/