藻場再生で豊かな海に再生

藻場とは沿岸の浅瀬に広がる海中の森のような場所です。
海藻が生い茂り、多様な生物が生息しています。生物の産卵、育成場所となるだけでなく、海水の有機物を分解して浄化する働きがあります。

近年、藻場が消滅する磯焼けと呼ばれる現象が各地で確認されています。海水温の上昇や水質汚染、海藻を食べる魚やウニの異常増加などが原因と考えられています。磯焼けは漁業に深刻な打撃を与えています。

現在、水質浄化や生態系のバランスを正常化することで藻場再生を目指すために、様々な取り組みが行われています。豊かな海を取り戻すことで、水産資源の回復や漁業の活性化につながるのです。元の様に自然を維持する事は私たち人間にとっても大切な事です。

藻場再生と海藻の供給について

藻場再生は里海の機能維持のために取り組まれていますが、藻場自体が消滅してしまった地域での再生は、海藻の供給を行っています。周辺地域から海藻を採取して対象地域に持ち込める場合は、採取したものをネットに入れて海に設置する方法がコスト面からも容易な方法として知られています。

周りに卵等が供給されることで、藻場再生が期待できます。また、より確実な方法として藻から取った卵等を専用の培養施設で育て、対象の地域へ供給するという方法もあります。労力やコスト面では負担が大きいですが、藻場が消滅している地域で効果的です。

藻場再生とは

藻場再生という言葉が、近年ささやかれています。文字通り「藻場を再生する」という意味の言葉ですが、海水の浄化や生態系の改善に関係する活動を意味します。藻場は、いわば海の森と形容されており、魚類にとって産卵や生育の場として機能しています。

藻場の減少には、地球温暖化による海水の上昇が大きく起因しており、その他にもウニによる過剰な海藻の摂取などが挙げられています。藻場の減少には、生態系のバランスが崩れるほか、近海で獲れる漁獲量の減少などのリスクが伴います。現在、政府では藻場再生の活動を行っており、海藻の生育・ウニの駆除等を手掛けています。

減少している藻場再生の対策とは

藻場は海藻などが生育する場所で、小魚などがこれを餌として集まり、これらの小魚を食べる魚などが集まるなど生態系を維持する上で非常に重要な場所となっています。しかし、埋め立て・浚渫によって生育しやすい浅場が減ったことや、植物プランクトンの増加や開発に伴う赤土の流入などにより水質が変化し海藻の生育が妨げられてしまう事、およびウニなど海藻を大量に摂食する生物の増加などにより、藻場は減少しています。

その為、 藻場再生の対策として海水の水質の監視及びウニなどの除去、海藻の生育を助ける鉄分の供給などを行われています。藻場再生は生態系の維持を行う基本的な方法として非常に重要となっています。

藻場再生のために磯焼け対策は先に行う

藻場再生を行うためには、まず磯焼けしてしまった部分の対策が必要です。磯焼け対策を行って、これから再生することの足がかりを作ります。

磯焼けしている状態が続くと、繁殖した藻場が再び消えてしまうことがあり、正常な藻場再生を期待することができません。環境を戻すことがかなり重要になっているので、戻すために必要なことはしっかり行い、対策を施してから再生するための手続きを取るようにします。

場合によっては、磯焼けを食い止める対策に多くの時間を割くこともあり、かなりしっかりと藻場再生できる状態を作り出してから、藻を増やすための手法を使います。

水産庁や企業団体などが行う藻場再生の詳細について

沿岸域に広がる魚や貝の住処、甲殻類の隠れ場所などは藻場と呼ばれます。近年、地球温暖化をはじめとする環境問題の深刻化によって、藻場も失われており、水産庁や企業団体などが藻場再生の取り組みを行っています。

長期的な藻場再生プランや計画遂行が必要となるものの、水の中の生き物にとって生態系や環境が整うだけに留まらず、生活排水の浄化システムに関連したり、赤潮や青潮の発生が免れるなど、あらゆる効果が期待されています。

大型海藻を餌とするウニを確保して駆除したり、鉄炭団子を投入して海水の浄化を促進させるなど、様々な藻場再生に向けた対策が進められています。

藻場再生プロジェクトに関する記事